設備紹介

検査や治療に使用する設備をご紹介します(※写真をクリックすると拡大表示します)

セービングチャート

視力を計測する際に使用します。
旧来の視力検査のように遠く離れることなく、手前の椅子に座った状態で視力を計測できます。

スペキュラマイクロスコープ
(角膜内皮細胞検査)

コンタクトレンズ装用は黒目(角膜)にダメージを与え、黒目を透明に保つ細胞を減らしていまうことがよくあります。その細胞の数や状態を瞬時に測定できる器械です。(コンタクト装用の方には無料で行っています)

屈折・眼圧検査機

近視・遠視・乱視と、眼圧(目の硬さ;緑内障で上昇)を測定します。目には直接触れず痛みもありません。屈折検査と眼圧検査の1台2役ですので、ご高齢の方や移動が不安な方にも負担がかからず、安心して受けていただけます。

診察室モニター

診察室にモニターを設置。ご自身の眼所見を見ていただきながら説明を行っています。

レンズメーター

持参されたメガネの度数を計測する装置です。メガネをお使いのフレームのまま自動計測、レンズの屈折率も計測可能です。

眼底カメラ

眼底の病気(眼底出血、糖尿病、緑内障など)を始め、高血圧・高コレステロール血症など、内科疾患による血管の変化(動脈硬化)の判定にも役立ちます。撮影した写真は診察室のモニターで即時に見ていただく事ができます。

視野計

緑内障などの視野検査の際に使用します。

ワック(WOC)

デスクワークによる疲れ目・お子様の一時的な視力低下などに効果的な、目をリラックスさせる装置です。
メガネの度が毎年すすむ方、「仮性近視」と診断された方にも、定期的な利用で効果が期待できます。ご来院の際にお声掛けください。

OCT(光干渉断層計)

網膜の写真を立体的に撮影し、断層の奥まで見る事ができます。